音楽を中心に興味ある物を、うろ覚えであっても個人的な主観から妄想ぎみに語る。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


The Bluetones

The Bluetones、最高傑作シングル 「Slight Return」

ブリットポップ全盛期、屈指の名曲。
バーズ直系のアコースティックなポップソング、ぶっちゃけると、まんまファーストのストーンローゼズ。

だが素晴らしいのです。

あの時代は、アルバム一枚のクオリティは総じて低かったが、シングルは素晴らしいという曲単位で聴かれた時代であった。
バンドバブルであるここ数年のUKとあの時代を比較する傾向はあるが、今の時代はシングルよりアルバム、アルバムよりライヴがメインという印象のバンドバブル。
あの頃はバンド自体は良く知らなくても、曲がお茶の間にいるお年寄りにまで浸透しているという曲バブル。

そのため、時代の仇花的バンドが多かったが、10年以上経った今でも印象に残る曲が数多く残っている。多様化の進んだ今の時代、時代を象徴するような曲は生まれにくい。時代を代表するバンドはいるものの代表曲を答えにくいバンドが増えた。

踊らせないストーンローゼズという趣であるThe Bluetonesというバンドの存在を大きく飛び越えた「Slight Return」。
ファースト以降、骨太なロックバンドという世間の誰もが望まない本格路線に行ってしまったThe Bluetonesの甘酸っぱい青春時代を象徴する曲。

スポンサーサイト

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽




















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 ひょうたん山発!「人見知り狩人」の妄想ブログ, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。