音楽を中心に興味ある物を、うろ覚えであっても個人的な主観から妄想ぎみに語る。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


people in the box1

people in the box、ファーストアルバム 「frog queen」

何度も書いておりますが、ジャケットのセンスが良いアルバムに外れ無し。

ただのキリンなのに、アートフル。かつ、バンドの音楽性を端的に表している。

透明感溢れる歌声。
叙情性溢れる散文的な詩。
轟音ギターにポップなメロディ。
ポストロック的音の隙間。
ふってわいたようなノイズ。

根本的な音楽性は、ファーストミニアルバムと変わりない(変拍子が減ったぐらい)ものの、全体的にメジャー感が増した。この変化をありきたりな変化と取るかどうかは今後しだい。

世界観が既に完成されているため、大きな変化はこの先も無いような気がするが、存在的にこんなマイナーなポジションでいるのが勿体無いバンド。

シロップ16g亡き後、シロップが作った世界観を一歩先に進めることができるバンドと言える。


スポンサーサイト

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽




















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 ひょうたん山発!「人見知り狩人」の妄想ブログ, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。