音楽を中心に興味ある物を、うろ覚えであっても個人的な主観から妄想ぎみに語る。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


20071014230146.jpg

長澤知之セカンドミニアルバム 「P.S.S.O.S.」

ハイトーンヴォイス、
90年代オルタナロックサウンド、
独特な言語感覚溢れる詩、
という3要素からなるシンガーソングライター。

この時点で相当壊れた要素が揃っている。
シンガーソングライターと言えば、メロディにこだわるか(マッキー)、ロックサウンドにこだわりロックバンドを率いるか(奥田民夫)、ボーカルに徹するか(J-POPの人たちにありがち)、詩と重視した魂の叫びを見せるか(尾崎豊)といった、どれかの要素に集中した方向性が多いものだが、長澤知之は、その全てを同時に行おうとするミュージシャン。

その感覚が新世代かつ脅威。
音楽的には、正直新鮮味は感じないものの、この要素を一人でやろうとする感覚が凄まじい。
その上、全体的にメジャーな雰囲気を兼ね備えてる点が素晴らしい。要するに売れそうというかスター性がある。

この一度聞いたら、頭から離れないハイトーンヴォイスが時代を席巻する時が来るかもという期待感を抱かせる存在。



スポンサーサイト

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽




















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 ひょうたん山発!「人見知り狩人」の妄想ブログ, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。