音楽を中心に興味ある物を、うろ覚えであっても個人的な主観から妄想ぎみに語る。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Hard-Fi.jpg

Hard-Fiセカンドアルバム 「Once Upon a Time in the West」
UKで今最も男の哀愁漂わせるロックを奏でるバンド。

巷で言われるほど、ダブとかスカといった音楽的雑食性は感じない。
哀愁溢れるメロディを基本とし、そこにさりげなく色んなジャンルの音楽を添えるといったバランスの取り具合が素晴らしいバンド。

セカンドは、ハードなビートを押え目にし、よりメロディを重視した典型的なセカンドといえる。最近のバンドはセカンドで迷走か失速するバンドが多いことを思えば、順調に成長していると感じる快作。

しかし、(そんな人がいるかどうかは知らないが)Hard-Fiにロック進化論的な部分を求めていたのなら、正直物足りないアルバムでしょう。個人的には、ここまでメロディに振り切れたところが、ファーストに感じたどっちつかず感(ビートとメロディの狭間)を解消したと感じる。

少なくとも、ここ数年のUKで話題になったバンドのセカンドアルバムでは、最高の作品。



スポンサーサイト

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽




















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 ひょうたん山発!「人見知り狩人」の妄想ブログ, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。