音楽を中心に興味ある物を、うろ覚えであっても個人的な主観から妄想ぎみに語る。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


20070901234051.jpg

ライフのストーリーはさておき、福田沙紀のビッチぶりとなっちゃんこと星井七瀬のイキッぷりだけで十分満足できる。ホラー並みの恐怖感すら感じる。いや近年まれに見るホラーと断言したい。

強引だが、近年まれに見る正統派アメリカンロックと言えば、The Hold Steady
そんな彼らのサードアルバム 「Boys and Girls in America」

アメリカに住む何処にでもいる普通の子供達の日常を紡ぐ歌詞。
言葉を詰め込んだ初期スプリングスティーン的歌唱。
曲はピアノを盛り込んだ正統派のアメリカンロックであり、全くトレンディではないし刺激的でもないのものの、圧倒的に誠実なロックンロール。

こういった地味だが誠実なバンドがしっかりとした評価を受けることができるアメリカが羨ましい。

人生の退屈な日常からこぼれ落ちることなく、どうにか踏ん張れとだけ伝えてくれる。大げさなことをいわないからこそ信じられる。




スポンサーサイト

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽




















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 ひょうたん山発!「人見知り狩人」の妄想ブログ, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。