音楽を中心に興味ある物を、うろ覚えであっても個人的な主観から妄想ぎみに語る。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


20070721231229.jpg

ファーストは一世を風靡したのに近頃は全く話題にされない、あれだけ度派手な80'Sロックスター的ルックスもいつのまにやら普通に、そしてメンバーがただ座っているだけのダサイジャケというThe Braveryセカンドアルバム 「The Sun and the Moon」

存在と見た目と同様に、内容も非常に地味になりました。
80'sキラキラキーボードサウンドは抑えられ、より広義な80'Sニューウェーヴサウンドを聞かせると同時に90'SUSオルタナティヴの影響が多く見られます。

比較対象だったキラーズが大文字のスタジアムロックに移行していったのと対照的に、よりアンダーグラウンドなサウンドに変更していった彼ら。勿論ペナペナな軽いドラム、ネチッコイボーカルは健在。

ガレージロックに80'Sキーボード風な楽曲は減り、キャッチーさでは、ファーストにはるかに落ちるため、前作の表層的な面が好きだった方には全く相手されないと思うが、セカンドでようやく彼らにしかできないサウンドともいえる地点に到達。

時代には取り残されたものの、末永く聞ける作品

スポンサーサイト

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽




















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 ひょうたん山発!「人見知り狩人」の妄想ブログ, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。