FC2ブログ

音楽を中心に興味ある物を、うろ覚えであっても個人的な主観から妄想ぎみに語る。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


20070710211303.jpg

上杉昇カヴァーアルバム 「SPOILS」
ガンズ?グランジ世代である彼ならではのカヴァーアルバム。

彼のこれまでの歩みを知る人たちにとっては、全く捻りのない選曲ではある。しかし、アレンジは遅れてきた「ナインインチネイルズ」ばりの打ち込みサウンドありと、意外性もあり。

選曲で最も意外なのは、WANDSデビュー曲であった「寂しさは秋の色」、彼にとって既にWANDSが消化済みの過去である証拠と言える。といっても明らかに一曲だけ浮いてますが。

WANDSグランジ期の名曲「SAME SIDE」が最も原曲に忠実なセルフカヴァーとなっており、今作中、最も輝いているのが皮肉。

少なくとも、彼が日本のメジャーフィールドで一番、グランジに影響を受けた活動をしていたことは周知の事実。そして今最もグランジの影に振り回されているのも彼であろう。

同じグランジ世代としては、どうしても目の離せない存在であるからこそ、カヴァーではなく、新譜でがっちり勝負してほしい。

スポンサーサイト

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽




















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 ひょうたん山発!「人見知り狩人」の妄想ブログ, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。