音楽を中心に興味ある物を、うろ覚えであっても個人的な主観から妄想ぎみに語る。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


20070708201158.jpg

The Panic Divisionファーストアルバム 「Versus」

エモとメロディックなヘヴィロックが融合。
そう書くとどこにでもいるバンドなのですが、その他大勢との違いは、音響に意識的であり、浮遊感溢れるアレンジをキーボードを巧みに使い演出しているところ。

画一的なサウンドに陥りがちなUSエモ系バンドの中ではぐんを抜きアレンジが多彩。しかもキーボードの音色が後追い80'Sサウンドとは違い、プログレチックな壮大さである。

意気込んで書いておりますが、このファーストの時点では、そこまで豪快なアレンジにはなっていない。彼らのmyspaceで視聴できる8月発売の新作からの曲が段違いにスケールアップしており凄い。

ファーストアルバムはスパイスとしてキーボードを使用している曲が殆どで、ギターロックの範疇をでてはいないが、視聴できる新作の曲を聴くとプログレかアンダーワールドかというぐらいの音響的なキーボード(シンセ)サウンドが響き渡っている。

終わったと思われたUSメインストリームロック(?)に新たな風をふかせることが可能な、大衆的かつ進歩的なサウンドになっているので期待が膨らむます。

スポンサーサイト

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽




















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 ひょうたん山発!「人見知り狩人」の妄想ブログ, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。