FC2ブログ

音楽を中心に興味ある物を、うろ覚えであっても個人的な主観から妄想ぎみに語る。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


20070608224319.jpg

ドラマ版「生徒諸君」の予想を裏切らないベタな展開に、安心感を覚え、「KAT-TUN」の新曲のアナーキーかつフリーキーなスタイルに、デビュー時の勢いがなくなった彼らの復活を感じた今日一日。

そんな週末の一日の終わりにTHA BLUE HERBサードアルバム 「LIFE STORY」 を聞く。

余りにも重苦しく、軽々しくBGMとして流せない。

HIPHOPも曲がり角を曲がり終えたと言える今、初期HIPHOPにあった享楽性は何処へやら、もう一つの特徴である時代性といったものを確実に受け継ぐと、ここまで重苦しくなってしまうという、そんな時代。

昔思い描いた、未来とは、希望輝く存在だった。
それが今や、未来に託すという選択肢すら陳腐化してしまった。
絶望するような絶望もないが、楽天的に生きるほどの希望もない。

白と黒がはっきりとしていた時代が、懐かしくも羨ましい。

時代を射抜くとは、このアルバムのことであろう。
好き嫌いは人それぞれだが、このアルバムを聞き流すことは容易ではない。










スポンサーサイト

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽





このコメントは管理者の承認待ちです
【2007/06/16 22:13】 | #[ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
【2007/06/24 20:49】 | #[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 ひょうたん山発!「人見知り狩人」の妄想ブログ, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。