FC2ブログ

音楽を中心に興味ある物を、うろ覚えであっても個人的な主観から妄想ぎみに語る。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


20070531211354.jpg

アイドルの最高峰と言えば、良くも悪くも未だに 「光GENJI」 であることは間違いないでしょう。

瞬間的な人気ではあったものの、あの異常なまでの人気は、ここ20年、比類するものがありません。

アイドル歌謡曲というジャンルが、ベタでキャッチーなメロに大げさなアレンジを指すのであれば、彼らでピークを向かえ彼らで役目を終えたといっても過言ではない。

個人的な趣味としては、好みではないが、3枚目のシングル「パラダイス銀河」が頂点であることに異存はなく。その後、徐々にフェードアウトしていった。

彼らの楽曲は、タイトルが無闇やたらにスケールがでかい
「Diamondハリケーン」
「剣の舞」
「地球をさがして」
「太陽がいっぱい」

何だか良くわからないが、凄いということだけは分かる。

音楽的な話で言えば、デビュー時の2作品「STAR LIGHT」「ガラスの十代」といった青春の儚さを感じさせる、ちょっぴりダークな曲たちが印象深い。今となっては、このあとの没落すら匂わせる切ない名曲である。

何と言っても作詞作曲「飛鳥涼」、アレンジ「佐藤準」のコンビが素晴らしく、このコンビを堪能できるのは、デビューアルバム「光GENJI」(画像はジャケットです)である。

そして、そのアルバムの冒頭を飾る「The Windy」こそが、「光GENJI」の魅力を集約した真の最高傑作。勿論上記のコンビにより製作されている。

時代の鼓動を感じさせるイントロの「G」「E」「N」「J」「i」コール。
これから新しい時代を築いていくぜ、一緒に行こう的な威勢の良い歌詞。 
思わず口ずさみたくなる、サビの「GENJI」「HIKARU」のリフレイン。
全く韻を踏んではいないが、早すぎたラップ調の台詞。

今更ながら、シングルA面に何故しなかったのかは謎(バージョン違いが何かのシングルのB面だったように記憶している)としか言いようがない。

やはりアイドルとは言え、初期衝動というか勢いが大事であり、変に作りこまれたりマンネリもしくはルーティーンワーク化する前が一番である見本。そう考えると、「SMAP」息の長さは異常かつ異例だなとつくづく感じます。




スポンサーサイト

テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽





このコメントは管理者の承認待ちです
【2007/06/03 14:46】 | #[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 ひょうたん山発!「人見知り狩人」の妄想ブログ, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。